正月遊びがスマブラでも別にいいじゃない

f:id:beethoven32111:20190107004808j:plain

 今日、知り合いの年配の方と話していたら、「近ごろは子どもが正月遊びをしているのを見ない、そもそも知らないのではないか」と仰った。僕が「そうですねえ、僕は凧あげとか羽根つきとかしましたけど、最近は見ませんね」と返すと、その方は続けて、「そもそも外で子どもが遊んでいるのをあまり見かけなくなった。家でゲームばっかりしてるから……」という感じで憂慮しておられた。

 僕は年配の方と話すときは、とりあえず「そうですねえ……」としか言わないようにしている。だから今日も反論しなかったが、内心は言いたいことでいっぱいだった。

 ひとつには、子どもが正月遊びを知らないのは、子ども自身の罪ではないということ。いまの時代、普通に生きていたら凧あげや羽根つきを知らずにいても不思議ではない。それが「知るべきこと」なのであれば、大人が教えてあげれば良いのであって、それを怠って、「近ごろの子どもは何も知らない」などと批判するのは虫が好かない。

 「世の中にはゲームのほかにもいろいろと面白い遊びがあるんだぞ、ほら、あれも、これも」と教えてやれば、思った以上に子どもは興味を示したりするものである。そもそも、子どもというのは自分がはじめて知ったものには興味を持ちやすいものなのだから。もちろん、「こんなのつまらないよ」と突っぱねられるかもしれないが。まあ、それは仕方ない。

 それから、外で遊んでいる子どもを見かけなくなったというが、これも時代を考えてほしい。いまこの国は超が3つか4つ付くほどの少子高齢化社会である。近ごろは外で遊んでいる子どもを見かけなくなったと文句を言うが、こっちとしたら、近ごろは外に出てもノロノロ歩いている邪魔な老人ばっかりだ、と文句を言いたくなるものである。

 それはともかく、子ども自体の数が減っているうえに、昔に比べたら遊べる場所も減っているということもある。僕の母親によると、昔の子どもはみんな道路で元気いっぱい遊んでいたそうである。しかしいまでは、道路というのは自動車が我が物顔でひとりじめして爆走する場所になってしまった。そんなところで遊んでいたら危なくて仕方ない。それから、空き地という場所もいつのまにかなくなってしまった。いや、あるにはあるが、一歩も足を踏み入れられないように厳重に封鎖されてしまっている。いやはや……

 最後に、みんなで集まって遊ぶのがゲームで何があかんのや、とも言いたい。媒介が正月遊びであろうと、ゲームであろうと、それによってみんなが集まって楽しめるのならば同様にすばらしいことではないのか。正月遊びだって別に高尚なものではなく、単なる遊びで、ちょっと歴史があるというだけでありがたがられているに過ぎない。本質的には、ゲームと何ら変わらないものだ。

 時代が変われば遊びも変わっていく。でも、そこに集まって楽しんでいる人たちの気持ちや笑顔は変わらない。何で遊ぶのかを強制されて、人々の気持ちや笑顔が損なわれていくなんて、そんな愚かしいことはない。

 これは世代間にだけではなくて、同世代においても言えることだ。自分とは違う趣味の人たちを指して、「あんなの何が楽しいんだ、くだらない」などと言う人がまれにいるが、それも無粋というものだ。そこに集まっている人たちが「実際に」楽しそうにしているという「事実」だけが重要なのであって、外野の人間がそれをどう思うかは重要ではない(もちろん、社会に迷惑をかけるような遊びは批判されて然るべきだが)。

 去年の年末、高校時代の同級生たちが僕の家に集まって忘年会をした。みんなで鍋を囲んで美味しいお肉でしゃぶしゃぶをしたあと、大乱闘スマッシュブラザーズSpecialをプレイした。最近のスマブラはすごくて、なんと8人まで対戦できる。だから集まった6人みんなで大乱闘をした。勝った人も負けた人もみんな心の底から楽しそうに笑っていた。高校生だったあのころに戻ったような気がした。それでいいんだ。