2018年に撮った写真

 いつも読んでいる写真ブログの人たちがやっているので、僕もやってみる。写真をはじめて半年以上経ったけど、うまくなったという感じはしない。もちろん、最初の一本に比べればマシにはなっているんだろうけど。

 基本的にはどれもストリートフォトグラフィーの出来損ないみたいな写真。それが撮りたかったというよりも、それしか撮れなかった。インスタ映えするようなキラキラな写真も、だれもがハッとするような絶景写真も、目を見張るような美しい女性のポートレートも撮れないので、だれの許可もいらないストリートで延々とシャッターを切っている。

 だれに頼まれたわけでもない。だれにも褒められやしない。だんだんとなんでこんなことやっているのかなあという気持ちが湧いてくる。単に飽きているだけなのかもしれない。でも、褒められるために撮るというのも性に合わない。とはいえ、自己満足でやるにしてはやけにカネがかかる。本当に好きなのかな、写真。わからなくなってきた。

 べつに好きである必要もないんだけどね。いやならやめればいい。でも、写真を勧めていろはを教えてくれた人や、機材を貸してくれている人たちへの義理というのもある。いい写真を撮ればそういう人たちに報いることができるかもしれないという気持ちもある。だから、とりあえずもうしばらく撮ってみようと思う。

 デジタルに手を出そうかなあ、なんて安易な考えもある。でも、飽きかけているかもしれないものに、数十万は出せない。とはいえ、自分で焼けない(焼けるけどめんどくさい)カラーフィルムで撮る意味が僕にはわからないので、今後はモノクロだけやっていくと思う。

 前置きが長くなった。以下、写真。顔がハッキリ写っちゃってるのもあるけど、地球の裏側に住んでる人たちだしいいよね。というか観光客が半分くらいだろうし(本当は日本で撮った写真もあげようと思ってたけど、やっぱ日本のスナップで顔がハッキリ写ってるものをネットに上げるのは抵抗がある)。ということで、どうぞ。f:id:beethoven32111:20181231193227j:plain

f:id:beethoven32111:20181231193329j:plain

f:id:beethoven32111:20181231193521j:plain

f:id:beethoven32111:20181231193559j:plain

f:id:beethoven32111:20181231193841j:plain

f:id:beethoven32111:20181231193935j:plain

f:id:beethoven32111:20181231201756j:plain

f:id:beethoven32111:20181231202150j:plain

f:id:beethoven32111:20181231194202j:plain

f:id:beethoven32111:20181231194338j:plain

f:id:beethoven32111:20181231201500j:plain

f:id:beethoven32111:20181231194053j:plain

f:id:beethoven32111:20181231194239j:plain

f:id:beethoven32111:20181231200254j:plain

f:id:beethoven32111:20181231201525j:plain

f:id:beethoven32111:20181231201612j:plain

f:id:beethoven32111:20181231202304j:plain

f:id:beethoven32111:20181231202408j:plain

f:id:beethoven32111:20181231202555j:plain

f:id:beethoven32111:20181231202620j:plain

f:id:beethoven32111:20181231202705j:plain

f:id:beethoven32111:20181231202758j:plain

f:id:beethoven32111:20181231202819j:plain

f:id:beethoven32111:20181231202851j:plain

f:id:beethoven32111:20181231202914j:plain

f:id:beethoven32111:20181231202931j:plain

 来年は、日本でこれらを超える写真が撮れるように頑張ろうと思います。いやでも、ロケーション選びも写真のウデのうちだから、べつに身の回りでいい写真が撮れなきゃダメってことはない。ただ、現実としてヨーロッパにもういちど撮りに行くのはいろいろとハードルが高い。だから、撮れるところでやるしかない。まあ、頑張ります。だめならやめればいいしね。