そんなに笑顔がみたいのならば、まず自分が人を笑顔にする努力をすれば?

f:id:beethoven32111:20181129212824j:plain

 現代ほど、笑顔、笑顔とうるさい時代もないんじゃないだろうか。

 アルバイトの求人を見ると、決まり文句のごとく「明るく元気な人」「笑顔で接客できる人」という条件が書かれている。そんな文言をみるたびに、ああ自分はお呼びではないのだ、と思って応募する気が失せていたものだ。なぜなら僕は明るくもなければ元気でもないし、笑顔で接客もできないから。

 それで思うのだが、なぜこんなにも笑顔が求められるのだろうか。

 レビューサイトなどで、店員が無愛想だったとかで低いレビューをつけている人をみかけることがある。これも、自分は笑顔で接客してほしかったのに(要求)、実際はそうならなかったと言いたいのだと思う(「失礼」ではなく「無愛想」だし)。

 でも、僕は店員に対して笑顔は求めていない。求めているのは、たとえばコンビニ店員であれば、僕がレジまで持っていった商品の会計をしてくれることだけ、レストランなら、(あるていど)おいしいご飯を提供してくれることだけ、である。

 もちろん、プラスアルファで接客が良い店だったら、また行こうと思うことはあるけれど、ちょっと接客が無愛想だったからといって気を悪くしたりはしないし、レビューサイトで批判したりもしない。まあ、知人を連れていく店としては敬遠するけど。

 それから、恋人に対して、「ずっとそばで笑っていてほしい」とかいう殺し文句もある。実際にこんなことを言う人がいるかどうかはともかく、これも恋人に笑顔を要求しているわけだ(「笑顔」というのは「幸福」の象徴として使われているに過ぎないのだろうが)。

 だが僕の場合は、恋人に対しても「笑っていてほしい」とは思わない。もちろん笑顔はかわいいけれど、それ以外にも、なにかに集中しているときの真剣な表情や、恥ずかしそうに照れている表情とか、手持ち無沙汰で退屈そうにぼんやりしている表情なんかも、なんだったら気が抜けてすこしぶさいくに見える表情だって好きだから、むしろずっとニコニコ笑顔でいられたらつまらないと思ってしまうだろう。

 それに、僕はさっきから、笑顔を「要求」するという言い回しを使っているけれど、これは意図的だ。相手が店員であろうと恋人であろうと、笑顔で接客して「ほしい」とか、笑顔をみせて「ほしい」とかいう以上、それは要求以外のなにものでもない。それは、「そのお菓子、ひとくちちょうだい」というのと同じことだ。

 しかし、人から何かを要求するときは、こちらも何かを与えるのが筋というものである。いわゆるギブアンドテイクというものだ。たとえば、「そのお菓子、ひとくちちょうだい。僕が食べているお菓子をひとくちあげるから」というように。もちろん、一方的にもらうだけの場合もあるけれど、そういうときも、実際は何らかのかたちで返礼をしていることがほとんどである。

 だから、本来、だれかに笑顔を「要求」するのであれば、相手が自分の笑顔を与えても良いと思うような何かをこちらから提供しなければならないはずである。だから僕は、笑顔でいて「ほしい」などと恋人に言ったりはしないし、また言うまいと決めている。

 そもそもなぜ笑顔を「要求」する人がいるのかといえば、それは笑顔をみると気持ちが良いからである。つまり、結局のところ、見ず知らずの店員に対して、もともと約束されているサービス(レジ会計や食事の提供)だけでなく、笑顔で接客することを求めている人というのは、自分が気持ちよくなりたいという欲望を相手に押し付けているのである。だが、そんな一方的に押し付けられる欲望をかなえてやる必要など、その人にはない。

 だれかの笑顔をみたいのであれば、自分が笑顔にして「あげる」のが道理だというのが僕の考えである。そのだれかが恋人の場合、たとえば、あたらしい髪型をほめてあげるとか、ほしいといっていたアクセサリーをプレゼントしてあげるとか、くだらない冗談で笑わせてあげるとか、たのしいと思えるような経験ができるようにはからってあげるとか、そういうことだ。

 そこまで努力をした果てにみることができた恋人の笑顔には、決してなにものにも代えられない価値がある。輝きがある。一方的に「要求」するだけで、まるで収奪するかのように手に入れた笑顔には、はたしていかほどの価値があるだろう。すくなくとも、僕はそんなものをほしいとは思わない。自分はなにもしていないくせに相手からなにかをもらって気持ちよくなろうだなんて、それはただの傲慢というものだ。