子どもに与えられる最良のものは「思い出」

f:id:beethoven32111:20181107011252j:plain

 子どものころの思い出というのは、子どものころにしか作れない。当たり前だけど。

 でも、これはすごく重要なことだ。なぜなら子ども時代というのは驚くほどあっという間に過ぎるから。何歳まで子どもとするかという問題はあるが、一般的な感覚から言って「子どものころの思い出」といえば、まあせいぜい小学校卒業までくらいになるんじゃなかろうか。そして物心ついてからじゃないと思いではないから、だいたい6歳~12歳といったところだろうか。実に短い。

 ほかに子どもに与えられるものといえば、たとえばお金や物になる。お金はもちろん大事だ。お小遣いとかそういう手渡しのものだけでなく、学費など子どものために使うお金も含めて。でも、有り余るほどのお金を与えられれば子どもは幸せかといえば、そんなことはない。子どもにとってお金の使いみちなんてたかが知れている。そして、必要なお金の量もまた然り。

 そして、これは物もそうだが、お金なんてものは大人になってから頑張れば自分でいくらでも稼げるのである。いやまあ、いくらでもとはいかないが、嫌でも稼がなくちゃいけない。お金を稼げば当然、物だって買える。

 だが、いくらお金を積み重ねたところで、子どものころの思い出・経験は絶対に買えやしないのだ。

 有名人のインタビューなんかで、「○○(職業)になろうと思ったきっかけ」をきかれて、「子どものころにその職業の人が働いているのを見てかっこいいと思ったから」という答えをよく見かける。それを見るたびに考える。もしこの人が、その経験をしなかったらいったいどうなっていたのだろう、と。

 たとえば野球場で活躍する選手を見て野球を始めるとか、そういうのはけっこうありふれている。だがこうした経験は決して子どもひとりでできるものではない。親が野球場に連れて行ってあげて初めて成り立つのである。だから、できるだけいろいろな場所に連れて行ってあげて、いろいろな人やものを見る経験をさせてあげることは将来のためにもなるのだ。

 もちろん職業選択においてだけじゃなくて、子どものころの思い出というのは、単純に生きていく上での大きな財産になる。大人になるにつれて、なんの屈託もなく物事をめいっぱい楽しむということは難しくなっていく。変にすれてしまっていくということもあれば、両手に余る悩みを抱えているせいでなにかに夢中になれないということもある。それに比べて、子どものころの思い出の、なんと純粋に光り輝いていることか。

 といいつつ、僕自身にはあまり子どものころの大切な思い出というものはない。子どものころを思い出して浮かび上がってくるのは、あれが嫌だったこれが嫌だったということばかりだ。まあこれは自分の性格のせいもあるから、べつに親に恨み言をいいたいわけではない。

 そして僕は親になるつもりはない、というか絶対にならないと決めているので、いつか子どもができたらいっぱい楽しい思い出を作ってあげようとかそういうハートウォーミングな話でもない。

 ただ、仕事(アルバイト)柄、親子連れの客をよく見ていてふと思ったのだ。こうして親に連れられてここにやってきたことが、やがて思い出になって、ふとしたときに思い返したりしてくれるのだろうか、と。もしそうだとすれば、自分のやっていることも少しは価値があるかな、なんて。柄にもなく。