自分の写真の善し悪しは自分で決める

f:id:beethoven32111:20181021010701j:plain

 SNSに熱中する原動力は承認欲求だとよく言われる。

 だがいったい「何を」「誰に」承認されようとしているのかが僕には謎だった。日常生活のなんでもない一コマを写真にしてInstagramにアップロードして、それで「いいね」を押してもらうことが目的なのであれば、自分の日常を友人などに「承認」してもらいたいということなのだろう。

 しかし、たとえば仕事の成果を認められたいというのならばともかく、なぜ日常を他人に承認されなければいけないのかがさっぱりわからない。そんなふうにずっと考えていたのだけれど、もしかするとそういう人たちは自分に自信がないのかもしれないなと思うようになった。

 自分が過ごしている日常が有意義で充実したものであるという自覚を持てないのだ。だから多くの人に「いいね」を押してもらう必要がある。これだけの人が「いいね」と思っているのだから、他者から羨まれるくらいには魅力的な生活なのだと自分を納得させているのかもしれない。それならある程度理解できる。

 とはいえ、自分はまったくそういうふうには考えない。

 僕もこのところ写真に熱を上げている。だが撮った写真をSNSに上げることはない(そもそもSNSやってないんだけど)。たまに友人に見てもらうことはあるけれど、基本的には自分だけで眺めて楽しんでいる。

 そして、自分の写真はそれなりに良いものだと自分では思っている。

 その評価はひょっとすると誤っているかもしれない。客観的にはおかしいところだらけの素人写真に過ぎないのかもしれない(多分そうだろう)。だが、僕にとって写真とは極めて個人的で主観的な営みなので、客観的な評価などそもそも必要としていない。

 写真を撮った場所まで出かけていく過程、その日の天気や気温や湿度、その時期に考えていたこと、なぜその情景を写真に収めようと思ったのか、などなど、僕にしかわからない記憶や情報が、一枚一枚の写真にかけがえのない価値を与えている。

 だから、僕は他人に写真を見せようとはあまり思わない(だれかと共有した瞬間の写真はその限りでない)。こう言うと、フォトコンテストや写真展などを否定しているように聞こえるかもしれないが、もちろんそうではない。コンテストや写真展で評価される写真は「作品」であり「芸術」だから、そこには主観を超えた美が存在していなけれればならない。そういう写真は極稀だが存在する。

 しかし大半は「芸術」の域には達していない写真ばかりである。僕の写真もそうだ。だが客観的な価値がそこにないとしても、主観的な価値がなくなるわけではない。コンテストで受賞できないとしても、写真展で来場者に見向きもされないとしても、「僕だけにとって」かけがえのない写真というものがある。そして僕は、あくまでもそのような「僕だけのための」写真を撮れればいいと思っている。

 そして日常というものは、写真以上に主観的なものだ。ほとんどの人の日常は、他人にとっては極めてどうでもいいものだというのが実際である。だが、まさにその日常を営んでいる人にとっては、一瞬一瞬がとても貴重なものだ。それは他者から与えられる「いいね」とはまったく関係がないところに存在する絶対的な価値だ。

 他者から「いいね」と言ってもらえなければ安心できない人は、自分の日常を軽んじてしまっているような気がする。なぜ自分自身の日常を自分自身で肯定できないのか。他者に評価を委ねてしまっているのか。

 「自分らしさ」を追求するのは良いことだと思うけれど、その場所がSNSだというのはどうだろうか。他者から承認されなければならない「自分らしさ」とはいったいなんなのだろうか。僕にはそれが偽りのもののように思えてならない。

 僕は、自分の日常と、それを収めた写真の良し悪しは自分で決めたい。