責任の耐えられない軽さ、人命の耐えられない軽さ

f:id:beethoven32111:20180624003403j:plain

 日大アメフト部の問題で、一番悪いのは加害選手だと僕は思っている。それは、一連の会見などを通しても変わらない。他方で、世論は加害選手を擁護する方向へと転換したように見えた。それは、加害選手の会見の誠実さ、真摯さ、潔さに比べて、日大側の対応がことごとく最悪以下だったからだろう。

 僕は、どんなに過酷な環境にいようが、最終的な行動の決断は個人が下すものだと考えている。もちろん極限状態に追い込まれた人間に正常な判断は無理だが、今回の場合、加害選手に差し迫っていた問題は、ただ単に「試合に出れない」というだけのことである。そして圧力をかけていたのはたかが部活の指導者である。極限状態というにはあまりにもぬるい。

 事実、加害選手は会見で、「タックルをする瞬間、相手選手がボールを持っていないことを認識していたのか」という質問に対して、認識していたと答えている。これは、自らがこれから行うことの重大性を認識したうえで、おそらく最後まで葛藤し、ついには卑劣な行為に及んでしまったということを示している。さらに、加害選手は危険タックルのあとも散々ラフプレーをした末に退場させられている。やりたい放題である。もし問題になっていなければ、そのまま平然とアメフトを続けていたのではないだろうか。

 終わってから事の深刻さに気付き、謝罪することなど誰にでもできる。子どもならばそれも許されるし、また許さなくてはいけない。子どもは何度も何度もばかげた失敗をやらかし、そのつど叱られ、反省し、学んでいく。それは子どもの権利だ。

 しかし、加害選手はもう20歳ではないか。あと2年で社会で働き始める年齢だ。とんでもないことをしました、すみません、で済む話ではない。もちろん、僕は彼を許したり許さなかったりする立場にはないが、個人的には、謝罪したのだからもう許された、などと軽々しく思ってほしくはない。彼がやったことは犯罪に等しいで、しかも、下手をすると人命にかかわっていたのだ。

 それはさておき、たしかに上で述べたように加害選手が一番悪い。とはいえ、一連の対応のゴミさに鑑みれば、日大全体(アメフト部だけでなく)もまた同じくらい悪い。僕が最も腹が立ったのは、「監督の指示を選手が誤解してやった行為だ」などという、耳を疑う言い訳である。ならば、関学側の監督が指摘したように、なぜ最初のタックルで選手を引き下げなかったのか。これに尽きる。

 また、もし仮に選手が誤解していたとしても、それは選手の責任なのだろうか。監督は選手よりも何十年も長く生きている。そして長い指導経験がある。その経験のなかで、指示に対する捉え方が選手によって異なってくる、要するに選手には個性がある、ということぐらい、気づいていたはずだ。気づいていなければならなかった。さらに、今回のように独裁的な体制を敷いていたのなら、なおさらだ。まあ、実際は、解釈の祖語などなかったのだろうね。

 日大が次の一手を打てば打つほど、僕の苛立ちは勢いを増していった。いつまでたっても責任をとろうとせず、加害選手の暴走ということで片付けようとしている。その悪い意味での粘り強さに、異常性を感じざるを得なかった。こいつらは異常だ。監督という立場なら、たとえ学生が悪かったとしても、自分の責任だと言って学生を守るべきではないか。まして、部活において、学生が自分だけの意志で動くことなどまずない。監督に責任がない学生の行動などないはずである。

 話は変わって、僕が通う大学の話だ。

 僕は関西の大学に通っている。つい先日、地震があった日、関西のほぼすべての交通網がマヒしていたため、大学は休講となった。ところが、その翌日は、交通が復旧したということで(実際はそれも発表時点では一部復旧していなかったのだが)、通常通り授業が行われるということになった。公式ツイッターの発表には、「気をつけて登校してください」と書いてあった。

 いったい何を気をつけろというのだろうか。電車に乗っているとき、バスに乗っているとき、私たちが気をつけたところで何かが変わるのだろうか。いや、そんなはずはあるまい。乗客は、ただじっと我慢して立っているか座っているかしかないのだ。そして、通学している学生の多くは公共交通機関を利用している。それを、「気をつけて登校してください」とは何事か。まるで、学生が気をつけさえすれば安全で、逆に、もし登下校中に何かあったとしても、それは学生が気をつけなかったからだとでも言いたげではないか。

 これには多くの学生が憤慨し、中には激怒している様子のリプライもあった。それもそうだろう。僕は京都で揺れが比較的ましだったから精神的な動揺も少なかった。かつ地震の翌日は全休で講義がなかった。しかし、大阪の震源地から近いところに住んでいた学生がどれだけ不安な思いをしたかは容易に想像できる。なにしろ、阪神淡路大震災を経験していない世代である私たちにとって、今回の地震は生涯で最も強い地震だったのだから。ただ交通機関が復旧したから来れるでしょう、で済まして良いのか。僕はそうは思わない。

 もちろん、これが仕事となれば、おいそれと休むことはできない。その仕事が行われないことで不便を被る人がたくさんいるからだ(事実、僕はこんなことを言っておきながら、その日もしっかりアルバイトに行った)。だが、大学の講義がたった一回なくなったからといって、誰が迷惑するだろうか。必要であれば補講をすれば良いだけなのだ。余震ないし本震の危険性を無視し、被災した学生の精神的ダメージを無視してまで、受ける価値のある講義を大学は提供しているのか。

 しかし何よりも、「気をつけて登校してください」という、あまりにも責任感のない、のんきすぎる文言が許しがたく感じられた。そして、これがいまの日本の責任世代と呼ばれる人びとのリアルな感覚なのだろうと、背筋が寒くなった。日大にしてもそうである。高い金を払って通っている大学生を全力で守ろうという意志が毛ほども感じられない。

 ある日、うちの大学のごくごく小さな池(半径3メートルほど、池というか水たまりである)に、鴨の親子たちが迷い込んだことがあった。水草が繁殖するのを防ぐために薬品が含まれているため、できるだけ早く救出しなければならなかった。大学の職員たちは、ダンボール板やらなにやらで水をぱしゃぱしゃしたりしながら、池の周りをうろうろしていた。後日聞いたところ、結局、鴨の親子たちは自力で池から這い上がり、正門から出ていったという。

 学生たちの前で事の顛末を話した英語の講師が、呆れ返った調子でこう言った。「鴨すら守れない大学が、学生の面倒なんか見れるわけないんですよ」。今回の地震への対応を見て、その言葉を思い出した。