小説

ありきたりの謎に満ちた人生――ジョン・ウィリアムズ『ストーナー』

ミズーリ大学 ミステリー小説は謎に満ちている。むしろ謎が主人公の物語と言っても良い。とはいえ、ミステリー小説における謎はすべて解決される。それがお約束である。謎を解決せずに放ったらかして完結するミステリー小説は、よほどのことがない限り高い評…

責任の重さと自由の軽さ――ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』

フィリップ・カウフマン監督『存在の耐えられない軽さ』 私たちは自分の存在が軽んじられていると感じたときに、一般的には憤慨するものである。それを傲慢であると断じることは容易いが、自分を重んじてほしいという素朴な願望を捨て去ることは難しい。しか…